健康的に美しくバストアップするための5つの栄養素

 

 

バストアップにはバストを大きくするという意味もありますが、
バストの位置を高くするといった意味も日本ではあります。

 

 

食事でも摂取することのできる、健康的に美しくバストアップするための5つの栄養素について見ていきましょう。

 

 

今話題のイソフラボン

 

 

ここ最近、女性にとって特に必要な要素と言われているのが、イソフラボンですよね。

 

ご存知のように、大豆などに含まれているので、大豆をよく食べる日本人にとっては嬉しい栄養素です。
このイソフラボン、何がバストアップに効果的なのかと言うと、これには、女性ホルモンと同じような働きをする効果があります。

 

これを増やすことによって、女性の象徴ともなる胸が大きくなります。

 

体のエネルギーとなるたんぱく質

 

体のエネルギーとして働いてくれる栄養素が、たんぱく質です。

 

ただし、たんぱく質には、植物性と動物性のたんぱく質があり、
特に動物性のたんぱく質を摂り過ぎてしまうと、体に負担がかかってしまいます(例えば牛肉など)。

 

ですので、消化が良く、体の素を作ってくれる植物性たんぱく質である、
豆類などを多く摂りましょう(ただし、これも摂り過ぎは脂質になってしまうので要注意です)。

 

 

たんぱく質を摂ることで胸の筋肉が作られ、バストアップにつながります。

 

 

胸の素ともなる脂肪

 

 

胸と言うのは、脂肪でできているのはご存知ですよね。

 

 

ということで、摂り過ぎてしまったら体によくないですが、適度な脂肪は必ず摂らないと、
エネルギーが生成されなくなってしまいますので、これも必要な栄養素です。

 

そして、この脂肪が、胸の素となってくれるので、毎日適量の脂質を摂るようにしましょう。

 

 

疲れをとってくれるビタミンB群

 

胸にも血が流れているのは当然ですが、
現代人はストレスを多く抱えているので、血流、血行が悪くなっています。

 

これが悪くなることによって胸にも栄養が届かなくなるので、
疲れをとってストレスレスにしてくれるビタミンB群を摂りましょう。

 

特に、豚肉がおすすめで、それだけを食べるのではなく、
クエン酸(柑橘系のレモンなど)を一緒に調理することで、疲れをとり、胸にも栄養を与えてくれます。

 

 

アンチエイジング効果のビタミンE

 

女性で冷え症に悩まされている方は多いでしょう。

 

ビタミンEには血流をよくしてくれますから、
これによって胸に栄養を送り込んでくれる効果があります。

 

 

それと同時に、ご存知、アンチエイジング効果もビタミンEにはあります。
しわしわのバスト、張りのないバストにならないためにも必須の栄養素です。
胸の皮膚もきれいに張りのあるものにしてくれます。

 

 

アーモンドやウナギ、赤ピーマンに多く含まれている栄養素です。

 

 

バストアップを求めているならば、積極的にこの5つの栄養素を意識して摂取してください。